【技術部門】

新たな技術開発の推進と、製造ラインの生産性を高める仕事!
モノづくりの当社における技術部門とは、自動車のエンジンのような役割の部門です。
この部署で新しい技術開発や、既存の技術のブラッシュアップなどを行っています。当社は、滋賀県でも有数のアルミダイキャスト鋳造と金属加工技術を有しており、他社技術者の能力開発試験を自社内で実施することが可能です。製造ラインの生産性を高めるためにも、常に他社事例などへのアンテナを張り、インプットし続けた上で、どういう技術をどこに活用すればよいか、ということを仮説検証実行しつづける部門です。

【製造部門】

高品質で、効率的なモノづくりの流れを作り上げられるかに挑戦する仕事!
製造現場において、いかに効率よく、高品質なモノづくりができるか、ということは当社の生命線です。当社の付加価値を生み出す仕事が製造部門。「ただの工場のラインしごと」だと思ったら大間違い。
当社の製造職では、より効率的に安定した品質でモノづくりをするかという工夫することや、自らの意見を伝える場がたくさんあり、言われたことをやるだけの現場ではありません。資格制度も充実しており、スキルアップを実感できることも多々ある部門です。

【営業部門】

顧客の要望に耳を傾けながら、当社技術の付加価値を最大化して顧客に届ける仕事!
当社は大手メーカーさんへの主力製品の中にある、とてもコアな部品をつくっています。
営業部門はその中で、当社でしか出来ない加工技術に付加価値をつけ、日々大手メーカーさんと交渉していくような仕事です。世界で戦う一流メーカーの主要パーツを販売する当社の営業担当は、同じく一流の気概を持って日々交渉に当たっていただきます。
とある製品においては、世界のシェアの半数近くに当社の部品が入っているということもあるため、グローバルに当社が展開していく可能性も見据え、今後の活躍の場は広がり続ける部門です。

【総務部門】

現場が楽しく仕事に取り組めるよう縁の下の力持ちとして会社を支える仕事!
一度倒産を経験した当社はこの20年で全く別の組織に生まれ変わりました。VM経営に代表される透明な経営を行うことで、社員一人ひとりが当事者意識を持って仕事を良くすることに取り組める会社に変わってきています。
これを支えているのは、人事・経理・環境などを統括する総務部門です。ただ数字を開示するだけではなく、それをどう理解してもらうか、そのための学びや評価の仕組み、また新しい人材確保の採用など、総務部門の仕事は多岐にわたります。
会社経営の裏方、スペシャリストとして、現場が楽しく仕事に向き合えるための影の立役者的な部門です。

誰でも課長になれる!

当社は、最終学歴や偏差値、学生時代のスキルは一切昇進に関係ありません。
どれだけお客様と、仲間と、購入先と向き合い、前向きに仕事を捉えているかを良くみて、周囲に必要とされている人であれば、誰でも課長になれる仕組みを整えています。
もし、入社後楽をしたい、ということであれば、決して楽な環境ではありません。
だからこそ、いつまでも共に成長していけるような、環境をつくっていきたいと考えています。

PAGE TOP